MacBook Pro 液晶保護フィルムのレビュー | おすすめ保護フィルム2選

どうも。Mac愛用歴8年の僕です。

以前のMacは保護フィルムを貼っていたのですが、無くても良さそうでしたので、今使用しているMacは保護フィルム無しで2年くらい使っていました。

が、案の定ディスプレイが痛んでしまい映らなくなり、修理に出してきました。
(6万くらいかかってしまいました。。)

これをきっかけに、また液晶の保護フィルムを購入しましたので、レビューをするとともに、おすすめの保護フィルムを目的別に3つまとめました。

お役に立てばと思います。

今回購入した「Digio2 のぞき見防止フィルム」

Digio2 のぞき見防止フィルム

今回は「Digio2 のぞき見防止フィルム」を購入しました。
決め手になったポイントは、次の3点です。

  1. のぞき見防止機能
  2. 着脱簡単(上部にマグネットがついています)
  3. 超薄型(装着したままPCを折りたためます)

まず、Macのサイズに合う & のぞき見防止 で絞った時点で、3種類くらい程度しかありませんでした。
その中でも、着脱簡単・超薄型という点があり、こちらの保護フィルムに決めました。

値段的にも他の商品と比べて500〜100円くらいしか変わらりませんでしたので、こちらの商品はコスパが良いのではないでしょうか。

保護フィルムを選ぶ時のポイント

ディスプレイって傷とか付かないと思われがちですが、意外と傷や汚れがかなりつくので、保護フィルムを貼っておくと安心です。

保護フィルムの特徴として、「指紋防止加工」や「Touch対応」などありますが、Surfaceのようにタッチ機能はありませんので不必要です。サイズの問題もありますのでちゃんとMac用を選ぶ必要があります。

保護フィルムを選ぶ際のポイント抑えて、自分の目的にあったフィルムを選びましょう!

サイズ

当たり前ですが、ご自身のPCのサイズに適切なものを選びましょう。
2016年以降のMacbook Proだと画面サイズの比率は「16:10」です。
他のノートPCだと「16:9」だったりするので、けっこう注意が必要です。

のぞき見防止

のぞき見防止機能があると、カフェで作業している時に隣の人の視線を気にせずに済みます。別に見られても良いんですけど、のぞき見防止がついてると安心ですよね。

のぞき見防止つけると、値段が2〜3000円くらい変わってきますので、ここは要検討です。

着脱性

ディスプレイの保護フィルムはシールになっているものがほとんどだったと思うのですが、最近だとマグネットで着脱できるタイプがあります。

マグネットタイプだと、「着脱が非常に簡単」「空気砲が入ったりしない」のがとても良いです。

ただ、一度付けたらそうそう外すことはありませんので、最初が手間で無ければシールタイプで良いと思います。

見やすさ

フィルムによっては、ブルーライトをカットしてくれるものもあります。
僕は「f.lux」というアプリを使ってブルーライトを調整しているのですが、ブルーライトカットのフィルムを付けてから、「f.lux」の調整無しで快適に使えてます。

他のおすすめ保護フィルム

他のおすすめ保護フィルムを目的別に2つほど選定してみました。

【安さ重視の方】LENTION MacBook Pro 液晶保護フィルム

Mac用の保護フィルムでトップクラスに安いです。
のぞき見防止・ブルーライトカットなどの機能はありません。
液晶の保護だけを目的として安く済ませたい人におすすめでしょう。

【のぞき見防止したい方】YMYWorld MacBook Pro 液晶保護フィルム

覗き見防止がついている保護フィルムでは最安クラスです。
マグネット式で簡単に着脱することができ、ブルーライトカットもついています。
ただ、上記で紹介した「Digio2」のフィルムより厚みがあり、PCを折りたたんだ時に閉まり切らない可能性があります。

まとめ

あなたに合う保護フィルムは見つかりましたか?

正直なところのぞき見されたからといって、何か情報が漏洩するわけでもないので、いらないと言えばいらないですね。
ただ、カフェで作業している時に、隣の人から見えてないというだけで作業に集中しやすいです。

Digio2の保護フィルムは、他の保護フィルムよりも少々高いですが、品質にはとても満足しています。

保護フィルムの種類も増えていますので、今回見つからなかった方もAmazonで探せば良い商品が見つかると思います!