XSERVER(エックスサーバー)にLaravelアプリを構築する方法

XSERVERに、Laravelのアプリケーションを構築する方法をまとめました。

Laravelの良いところは、PHPが動作すれば利用することができるところですね。
XSERVERでも、もちろんLaravelを利用することができます。

XSERVERでLaravelを利用する時に役立ててください。

Laravelの動作要件

公式ドキュメントによると、最新版のLaravel5.7は以下の要件が必要です。

PHP >= 7.1.3
OpenSSL PHP拡張
PDO PHP拡張
Mbstring PHP拡張
Tokenizer PHP拡張
XML PHP拡張
Ctype PHP拡張
JSON PHP拡張
BCMath PHP拡張

あと、フロントエンドのCSSやJavaScriptをビルドするためにNode.js、タスクスケジュール利用するためにcronが利用できるようになれば、基本的に問題無いと思います。

XSERVERを契約

XSERVER

まずは、XSERVERを契約します。

XSERVERは、

  • 10日間の無料お試し期間
  • 最低利用日数無し

なので、テスト用に登録してみると良いと思います。

契約してから支払い設定をせずいればお金はかかりません。お試し期間を過ぎるとサーバーは停止となります。

XSERVERにアクセスして、サーバー無料お試しより申し込みましょう。

SSHを設定する

XSERVERのSSH設定画面

SSHでログインできるように設定します。
自分の公開鍵を使用してログインすることができますので、設定方法は下記を参照ください。

XSERVER マニュアル SSHの設定

PHPのバージョンを変更する

CLIで利用するPHPのバージョンを変更します。
デフォルトでは5系のPHPが設定されていますので、最新の7系に変更しましょう。

※ CLIとWebサーバーで利用するPHPのバージョンは異なるので注意です。WebサーバーのPHPのバージョンは管理画面で変更することができます。

利用できるPHPのバージョンを確認

$ find /opt/php-*/bin -type f -name 'php'

/opt/php-5.1.6/bin/php

...(省略)

/opt/php-7.2.6/bin/php

シンボリックリンクを作成する

利用したいバージョンをPHPのシンボリックリンクを作成します。

$ mkdir $HOME/bin
$ ln -s /opt/php-7.2.6/bin/php $HOME/bin/php

パスを通す

先ほど作成した$HOME/binが読み込まれるようにパスを修正します。

$ vi ~/.bash_profile

- PATH=$PATH:$HOME/bin
+ PATH=$HOME/bin:$PATH

再読み込みします。

$ source ~/.bash_profile

PHPのバージョンが切り替わっていることを確認。

$ php -v

PHP 7.2.6 (cli) (built: May 30 2018 21:41:35) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

これで、PHPのバージョンが7.2.6に変わりました。
composerは、既にインストールされています。(2018年12月6日時点で、バージョン1.7.2)

Node.js をインストール

フロントエンドのビルドのため、node.jsをインストールしておきます。

こちらの記事に、nodebrewを使ってインストールする方法が詳しく載っています。

XSERVER(エックスサーバー)にNode.jsをインストールするときはnodebrew使うと楽

Laravelをインストールする

Laravelのインストーラーをダウンロード。

$ compose require laravel/installer

公開用のディレクトリに移動。

$ cd ~/[ドメイン名]/public_html/

Laravelアプリを新規作成。

$ ~/vendor/bin/laravel new sample

.htaccessの設定。

RewriteEngine On
RewriteRule ^(.*)$ sample/public/$1 [QSA,L]

以上で、サイトにアクセスすると、初期の画面が表示されるようになりました。

Laravel 初期画面

cronの設定

XSERVERのcron設定画面

Laravelのスケジューラーを利用する場合は、cronを設定します。

XSERVER管理画面のcron設定より、下記のように設定します。

項目
*
時間*
*
*
曜日*
コマンド/usr/bin/php7.2 /home/[アカウント]/[ドメイン]/public_html/sample/
artisan schedule:run >> /dev/null 2>&1

[アカウント][ドメイン]は任意の値に変更してください。

さいごに

以上で、XSERVERにLaravelアプリケーションの構築は完了です。

XSERVERを利用して、快適なLaravelライフを送りましょう。

この記事と関連している記事