【初心者向け】Laravelの環境構築(Laravelインストールから)

そもそもLaravelとは?

Laravelとは、ベンチャー企業などでも利用されるような最新のPHPのフレームワークでありながら、初心者向けの本でもよく取り扱われる「プログラミング初心者」でも簡単に利用できるフレームワークです。
元々は、大規模システムで古くから実績のあるSymphonyというフレームワークをベースに作られており、学習時間が短く済み、かつ大規模システムにも対応できるフレームワークとなっています。

今回は、Laravelのインストールをするところから、Laravelで作ったアプリのデフォルトのTOP画面の表示、MySQLとの接続までを実施していきます。

Laravelの環境構築手順

Composerをインストールする

Composerのインストール

Laravelをインストールするには『Composer』というPHPのパッケージ管理ソフトが必要になります。
なのでまず『Composer』をインストールします。
ターミナルを開いて、適当なディレクトリで以下を実行します。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

composer.pharというファイルがダウンロードされているはずです。

続いて、ダウンロードしたファイルを『/usr/local/bin』に移動させます。

$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

/usr/local/bin/にComposerというファイル名で移動しました。
これでいつでもどこからでもComposerを利用することができます。

Composerのアクセス権の変更

配置したComposerのパーミッション(アクセス権)を変更します。
以下のコマンドを実行して下さい。

$ chmod a+x /usr/local/bin/composer

composerが実行できるようになったか確認します。

$ composer -V

Composerのバージョンが表示されれば、正常にインストールされています。
Composerの準備はこれで完了です。

Laravelをインストールする

Laravelのインストール

Composerがインストールできたら、次はいよいよLaravelのインストールに入っていきます。
まずはターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してLaravelをインストールします。

$ composer global require “larval/installer”

環境変数の設定

インストールが終わったら、環境変数PATHというものを設定する必要があります。
これを設定しないとLaravel用のコマンド『laravel』をどのディレクトリからでも実行することができません。
ターミナル上で以下のコマンドを実行してください。

$ export PATH="$PATH:~/.composer/vendor/bin"

最後に設定したパスを下記のsourceコマンドで有効にします。

$ source ~/.bash_profile

これで『laravel』がコマンドとして認識されるようになったはずです。

Laravelを使ってアプリのプロジェクトを作成する

実際に使えるようになった『laravel』コマンドを利用して、Laravelを使ってみましょう。

プロジェクトの作成

適当な作業ディレクトリを作成し、そこで以下のLaravelコマンドを入力します。

$ laravel new test_project

『test_project』というプロジェクトを作成するコマンドです。
適当な作業ディレクトリの中に『test_project』というディレクトリができて、その中にいろんなLaravelプロジェクトのファイルが入っていればOKです。

Webサーバー機能の利用

LaravelにはWebアプリケーションを動かすWebサーバー機能が備わっています。

まずはプロジェクトのディレクトリに移動します。

$ cd test_project

次に下記コマンドでWebサーバーを起動してみましょう。

$ php artisan serve

ブラウザから以下のURLにアクセスしてみます。
http://localhost:8000/

これで以下のようなLaravelアプリケーションのトップページが表示されれば問題ありません。

MySQLの設定

今回はデータベース管理システムとして、Mac内にMySQLをインストールして使うようにします。

MySQLのインストール

brewでmysqlをインストールします。

$ brew install mysql

MySQLがインストールされたか確認します。

$ mysql --version

MySQLのバージョンが表示されれば、正常にインストールされています。

MySQL自体の起動

mysqlはインストールしただけでは起動していません。
利用する場合は起動をしましょう。

$ mysql.server start

データベースの作成

まずMySQLにログインします。

$ mysql -u root -p

上記コマンドを打つと、パスワードを求められます。
特に変更していなければrootと入れてEnterキーを押します。
mysql>が表示されれば接続完了です。
データベースを作成するには、以下のコマンドを実行します。

CREATE DATABASE test_project;

これで「test_project」というデータベースが作成されました。
作成されたデータベースを含め一覧表示するには以下のコマンドを実行します。

SHOW DATABASES;

実行したときに、 「test_project」というデータベースが作成されていれば、OKです。

設定ファイルの変更

.envファイルの変更

Laravelのプロジェクトフォルダ直下にある.envのMySQLの情報を変更する。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=test_project //データベース名
DB_USERNAME=root //ユーザー名
DB_PASSWORD=root //パスワード

config/database.phpの変更

'default' => env('DB_CONNECTION', 'mysql'),

'mysql' => [
    'driver' => 'mysql',
    'url' => env('DATABASE_URL'),
    'host' => env('DB_HOST', '127.0.0.1'),
    'port' => env('DB_PORT', '3306'),
    'database' => env('DB_DATABASE', 'test_project'),
    'username' => env('DB_USERNAME', 'root'),
    'password' => env('DB_PASSWORD', 'root'),
    'unix_socket' => env('DB_SOCKET', '/tmp/mysql.sock'),

DB_SOCKETはmysql内の下記コマンドで場所が分かる(socketという項目が表示され、その右にパスが表示されている)ので、そのパスを入れる。

SHOW VARIABLES LIKE '%sock%';

これで一旦Laravel利用の準備は完了です。

Laravelを最短で学ぶには?

LaravelはPHPのフレームワークですので、Laravelを利用する前には、当然PHPについてしっかりと理解しておく必要があります。
プログラミングスクールに行けば、はるかに早く学習を進めることができ、経験年数が少なくても高報酬が得られるようになってきましたので、現在ではスクールに行って学ぶというのが最良の方法ではないかと思います。

PHP/Laravelを学べるスクールをいくつかご紹介します。

こちらの記事も参考にしてみてください。
PHP/Laravelが学べるプログラミングスクールを徹底調査

ウェブカツ

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyのスクショ

TECH BOOST(テックブースト)

TECH BOOSTのスクショ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です